新たに創設される授業目的公衆送信補償金制度に基づき、補償金を受取る団体として、SARTRASが文化庁長官の指定を受けたのを機に、記者会見を開催しました。
今後、SARTRASは、わが国のICT活用教育の推進に資するよう、教育機関設置者が授業目的公衆送信を行う場合に支払うことになる補償金の収受と、権利者への分配業務等を円滑に行うべく、教育機関設置者の関係団体からの意見聴取を進め、法定の手続きに従い、適正な額の補償金の認可を得、補償金管理業務を開始することを目指してまいります。

配付資料
プレスリリース

登壇者一覧

プレスリリース補足資料

教育の情報化の推進のための著作権法改正について

著作権法の一部を改正する法律 新旧対象条文(抄)

集まった報道陣を前に説明する土肥理事長、瀬尾常務