ICTを活用した教育の未来と、ICTを活用した教育で用いられる著作物の著作権者、著作隣接権者を支える団体です。
FAQs
  • HOME »
  • FAQs
  • 具体的事例

具体的事例

Category description

  • TOP
  • 具体的事例

運用指針での著作者の利益を不当に害することになる場合の例として、楽譜等が購入の代替となるような態様での複製や公衆送信が挙げられています。 例えば、複数の曲が収録された楽譜集の中の一曲についてのみ全部を授業のために履修生に公衆送信する場合、購入の代替となるような態様に該当にあたり、権利者の許諾が必要でしょうか

Read More

著作権法35条の対象で行えるよう改正著作権法第35条運用指針(令和2(2020)年度版)に沿ってオンライン授業用の動画を作成しているのですが、その中で、授業で教材として用いる出版物の表紙(中身は映しません)の全部を映す場合、表紙も著作物だと思いますが権利者の許諾を得る必要がありますか

Read More

担任する学生に対してのみ行う、いわゆるオンデマンド型の遠隔授業か、スタジオ型の遠隔授業(同時配信)で、日本の新聞社の新聞記事に掲載されている記事を映し出す際、その記事の中に写真が使われていて、その写真が海外の通信社から配信を受けている場合、新聞記事に対する補償金を貴協会にお支払いする他にそれらの通信社の許諾を得る必要がありますでしょうか

Read More

小学校でのオンライン授業で教科書を使って授業をする予定ですが、現在コロナウイルス感染防止のため来校が禁止されており、教科書の配布ができない状況です。そのため、授業開始から来校が可能になるまでの授業で当該教科書の該当部分をコピーして、児童に送信して対応しようと考えていますが、権利者の許諾が必要でしょうか

Read More

大学の教員養成課程で教科指導法の授業を担当しています。受講する学生は毎年対象の小中高等学校の検定教科書を全員購入して授業を行っておりますが、今年は大学が閉鎖され、教科書が手元にない学生が多くいます。このため、大学での授業が再開になるまでの間(再開後は全員が購入することになります)、オンデマンド型の授業を進めるに当たって、手元に教科書がない学生のために、2カ月分ほどの授業で必要な部分として、教科書の1/10程度の紙面をまるごとPDFに変換し、大学のLMSのシステムにアップする場合、権利者の許諾が必要でしょうか

Read More
PAGETOP