ICTを活用した教育の未来と、ICTを活用した教育で用いられる著作物の著作権者、著作隣接権者を支える団体です。
FAQs
  • HOME »
  • FAQs »
  • 教育機関の届け出、サンプル調査について

教育機関の届け出、サンプル調査について

著作物の利用実績を把握するためのサンプル調査とはどのように行うのですか

調査の具体的な方法は検討中です。教育機関の皆様に過度の負担がかからないように十分留意しながら、遅くとも2020年夏ごろまでには決めたいと考えています。 「一般社団法人 授業目的公衆送信補償金等管理協会」(SARTRAS) …

届け出を終えるまでは、制度が利用できないのでしょうか

本来、制度利用前の届け出が望ましいとは考えています。しかし、制度開始が急遽決まったために周知期間が十分とは言えませんし、「一般社団法人 授業目的公衆送信補償金等管理協会」(SARTRAS)のウェブサイトから届け出が可能に …

届け出は誰が行うのでしょうか。個別の学校単位で届け出るのですか

届け出は、法律上の補償金支払者義務者である教育委員会、学校法人等の「教育機関の設置者」にお願いします。複数の教育機関を設置している場合は、一括してお届けいただきます。例えば、市区町村教育委員会の場合、管内で制度を利用する …

教育機関はどうして届出をしなければならないのでしょうか

本来であれば、教育機関の設置者の皆様には「一般社団法人 授業目的公衆送信補償金等管理協会」(SARTRAS)に所定の届け出を行っていただき、在学者の人数など補償金の額を算出するのに必要な情報をご提出いただく必要があります …

PAGETOP