ICTを活用した教育の未来と、ICTを活用した教育で用いられる著作物の著作権者、著作隣接権者を支える団体です。
FAQs
  • HOME »
  • FAQs
  • 具体的事例 »
  • 具体的事例全般 »
  • 著作権法35条の対象で行えるよう改正著作権法第35条運用指針(令和2(2020)年度版)に沿ってオンライン授業用の動画を作成しているのですが、その中で、授業で教材として用いる出版物の表紙(中身は映しません)の全部を映す場合、表紙も著作物だと思いますが権利者の許諾を得る必要がありますか

著作権法35条の対象で行えるよう改正著作権法第35条運用指針(令和2(2020)年度版)に沿ってオンライン授業用の動画を作成しているのですが、その中で、授業で教材として用いる出版物の表紙(中身は映しません)の全部を映す場合、表紙も著作物だと思いますが権利者の許諾を得る必要がありますか

  • TOP
  • 具体的事例
  • 具体的事例全般
  • 著作権法35条の対象で行えるよう改正著作権法第35条運用指針(令和2(2020)年度版)に沿ってオンライン授業用の動画を作成しているのですが、その中で、授業で教材として用いる出版物の表紙(中身は映しません)の全部を映す場合、表紙も著作物だと思いますが権利者の許諾を得る必要がありますか
< キーワード検索

授業の教材として用いる出版物の紹介として用いるのであれば、原則として許諾を得なくても授業目的公衆送信補償金制度の範囲内で全部を映し出すことができます。ただし、表紙のなかには、キャラクターや肖像、絵画などが含まれているものがあり、複製の態様によっては鑑賞できる品質で提供されることが「著作権者の利益を不当に害する」場合もあります。トラブル防止の観点からも、個別に権利者に許諾の要否につきご確認をいただきたく存じます。

Table of Contents
PAGETOP